水と体と食べるということ

「ノドが渇いて水が飲みたい」そう感じる時、体の中ではどんな変化が起きているんだろう。

 

「渇いた」という感覚から、ノド元だけの部分的な乾燥だと思いがちだが、実はそうではない。
渇きを感じる時、それは体全体の2%の水分が減っている時なのだ。
人間の体の水分は体重の60〜65%。
そのうちのたった2%というと微々たる変化だと思うかもしれない。

 

しかし、その渇きによって体内の血液はドロドロの状態になっている。
血液が体の隅々にまで酸素と栄養素をいき渡らせるためには、サラサラとスムーズに流れる状態を保ちたいもの。
その為には、ノドの渇きを感じることがないほとに、こまめな水分補給が必要なのだ。

 

 

効率のいい水分補給の方法は?

 

人の体が水分を吸収できるのは、30分間に180〜200ml程度。
ノドの渇きを感じたからといって慌てて水を飲んでも、30分程度は血液まで届かない。

 

そこで有効なのは、先手を打って水分補給をしておくこと。
ヨガをする前など汗をかきノドが渇くことが見込まれる時は、前もって水を飲んでおこう。
大量の汗を流す場合には、15分に1回ぐらい200mlほどの水を取るといい。
血液の質を保った状態で体への意識を高め、気持ちよくヨガができるようになるだろう。

 

また、目立った汗をかかなくても、尿や呼吸からは1日に2.5リットルもの水分が排出されている。
常に減っていく水分をうまく補いながら、潤いのある体を保とう。

 

 

老化と水の関係は?

 

胎児の水分は約90%、新生児で約75%、成人になると約60%だといわれている。
細胞内の体液(水分)が減っていく老化は、乾燥のプロセスとも言えるだろう。
また、体内の水分は脂肪よりも筋肉の方が多いことから、体内の水分量の減少は筋肉量の低下ともとらえることができる。

 

 

 

〜ヨガをする人にとっての食事〜